トップ > ボランティア活動の一覧 > ボランティア活動の内容

ボランティア活動

update:2019-01-11 17:21

2019カレンダーリサイクル市(1/8〜1/10)

*** 第32回 ユネスコ 2019カレンダーリサイクル市(2019.1/8〜1/10) ***
札幌ユネスコ協会主催の「2019カレンダーリサイクル市」が、かでる2・7の1F展示ホール及び地下歩行空間(札幌駅側イベントスペース)の2会場で1/8(火)〜1/10(木)の3日間にわたり開催されました。
今年で32回目を迎え新春恒例となった人気イベントに多くの市民が集まりました。
ボランティア・ユーネット会員は、ボランティアスタッフとして今年も協力参加し、5日、6日は販売準備で、企業・市民から絶え間なく持ち込まれるカレンダーの開梱、巻きぐせ取り、仕分け、地下歩行空間で販売するカレンダーの荷作り、そして展示会場設営とカレンダーの展示作業に精を出しました。
8日からは販売開始で、販売初日のかでる2・7では、午前10時からのオープンに早朝から大勢の市民が詰めかけ、800人以上の待ち行列が出来ました。
毎年楽しみにしているカレンダーリサイクル市のファンも多く会場は人気、好みのカレンダーを求める沢山の人で大盛況でした。
カレンダーの売れ行きも好調で、ボランティアスタッフも受付、会計、販売カレンダーの補充等で大忙し・・・。地下歩行空間のカレンダー市も多くの人で賑わいました。
このカレンダーリサイクル市には、各ボランティア団体、一般の方、NTT・OB、高校生等、大勢のボランティアが参加していますが、当ボランティア・ユーネット会員は総勢35名(延べ人数93名)が参加し活動の中核となって活躍しました。
札幌ユネスコ協会の責任者からは、例年協力を頂いており、ユーネットさんのお陰で運営できています、本当に助かっており感謝しております。との謝意の言葉を頂きました。
皆様にご購入頂いた、その収益金は、北海道胆振東部地震の被災者支援、東日本大震災こども支援、道内ボランティア育成支援等の尊い活動に使われます。
参加されましたユーネット会員の皆様、販売準備・販売・後片付けと5日間にわたるボランティア活動、大変ご苦労さまでした。

初日のオリエンテーション

主催者から作業内容・手順・役割分担の説明

カレンダー受付け

企業・市民から絶え間なく持ち込まれるカレンダーの受付け

展示ホールでの開梱・巻きぐせ取り・仕分け風景

左奥のテーブルには最強のユーネット軍団が・・・

開梱・巻きぐせ取り・仕分け(その1)

頑張るユーネット女性会員

開梱・巻きぐせ取り・仕分け(その2)

頑張るユーネット男性会員

設営が終わり販売を待つ展示会場

手帳コーナーも

早朝から開場前の長〜い行列

警備員の誘導で整然と並んでいます

カレンダー市

カレンダーを選ぶ人で大盛況

チ・カ・ホのカレンダー市も大賑わい

 
NTT労組 札幌退職者の会のトップページに戻る