トップ > 会員の趣味・特技の一覧 > 会員の趣味・特技の内容

会員の趣味・特技

update:2017-06-01 13:05

北海道を歩こう(33kmコース)に参加して(2017.5.28)

                               札幌退職者の会  沖  貞一(白石区)
                                           鳴野 一美(手稲区)
 日頃の運動不足を解消しようと、5月28日(日)、朝から雨模様の中、札幌市やさっぽろ健康スポーツ財団などが主催するウオーキング大会(33kmコース:約千名、10kmコース:約五百名)に参加してきました。
 札幌退職者の会幹事で“足に自信があり気持ちだけは若い”幹事2名が、2014年10月の記録的な豪雨の影響で2年間中止となっていて、今年復活した33kmコースに挑戦です。
 集合場所の真駒内中学校(地下鉄「真駒内駅」近く)を8:15にスタートして支笏湖ポロピナイまでの33kmを、途中の4ケ所の休憩所(途中、16km地点のラルマナイ川べりで持参の握り飯をほおばり、山道具のコンロでお湯を沸かし、みそ汁とコーヒータイムを過ごした後、気合を入れ直して再スタート)以外はひたすら歩き続け、二人とも約8時間30分で落伍者用バスに収容されることなく完走できました。
 また、コース最終地点に近い「恵庭岳登山口」付近は、2014年10月の集中豪雨の爪痕が想像より広範囲に残っていて、車道は仮橋などで仮復旧しているものの、完全な復旧までには相当の時間と復旧費用が必要と感じ、あらためて自然災害の怖さを目の当たりにしました。
 なお、同じ幹事仲間の熊谷久治さんは、大会運営本部の救援・救急役員(赤十字奉仕団)として参加していて、私たちに心温まる「足取りを軽くする魔法のスプレー」を差し入れしてくれました。
 昨年は、今年のメンバーに的場会長と3名で参加(10kmコース)しましたが、今年は的場会長が多忙のため参加できませんでした。
 来年は、是非、的場会長や他の幹事も大勢誘って33kmコースに参加し、苦しくも楽しい1日を過ごしたいものです。
 来年の第41大会は、2018年5月27(日)予定です。

10km地点

左から
鳴野
熊谷さん(大会運営本部の救援・救急役員)

16km地点

昼食
お湯を沸かしみそ汁とコーヒーを作る
左はNTT現役の石田さん

20km地点

雨また雨の中をただひたすらに黙々と歩く。

ゴール

16時45分ゴール到着
写真を撮り合う

ゴール地点から見た支笏湖

達成感を感じながら眺めていた。
雨が上がり曇っていた。
 
NTT労組 札幌退職者の会のトップページに戻る