トップ > 会長挨拶の一覧 > 会長挨拶の内容

会長挨拶

2016年度を振り返って(2017.12.1)

 2017年もあと1か月となりました。色々なことがありました。なんといってもあまりにも突然の衆議院解散・総選挙です。野党の隙を見事についての電撃解散でした。結果は安倍政権の思うツボ、議会の3分の2を許す結果となりましたが、希望の党への移行を拒否し民主主義・立憲主義を掲げた枝野さんの立憲民主党が奮闘!一定の成果を上げ野党第一党となりました。これも会員の皆さんが「私たちの生活は政治と無関係には存在しない!」ということを自覚し特に北海道そして札幌で、私たちの推薦・支援する議員を数多く誕生させることになりました。本当にありがとうございました。心より感謝する次第です。
 さて、札幌退職者の会の活動は、会の役員や会員の皆さんのご協力でサクランボ狩り・ブドウ狩りの参加者がいずれも過去最高を記録するなど嬉しい限りでした。また、ここ数年力を入れてきたふれあい活動もふれあいサポーターの皆さんのご協力で安定した活動ができるようになってきました。今後は「地域ふれあい委員会」を全地域に根付くよう活動を強めていきたいと思います。
 近い将来、会員増の鈍化や財政の問題など考えなければならない状況になることも想定し、お金の効率的な使い方など全体行事と地域エリア行事のバランスを考えた活動を進めて行き、最終的に地域の隅々でも交流ができる組織を求めていきたいと思います。
 冬の到来も間近です。新しい年が希望に満ちた良い年になるよう様々な活動を進めて行きます。皆さんのご協力を心からお願いいたします。よいお年を!
2017-12-01 11:34
NTT労組 札幌退職者の会のトップページに戻る