トップ > 活動報告の一覧 > 活動報告の内容

活動報告

update:2017-09-24 07:28

2017年 ぶどう狩り(2017.9.21 木)

※秋の味覚を満喫
 毎年恒例の「秋のレクリェーション ぶどう狩り」が9月21日(木)、仁木町 フルーツプラザ平尾園において、会員208名が参加、各々5台のバスに分乗し、果樹園に向け出発し、11時30分頃に会場に到着し実施されました。
 先日から心配された台風も去り、青空も見える好天に恵まれ、果樹園に到着するや、すぐにぶどう棚に入り、キャンベルス・バッファロー・ナイヤガラがたわわに実る姿を目にするや、手を伸ばし次々に口に放り込んでいました。
 誰もがその美味しさ・甘さにつられ頬張り、特に甘い房が実っている木には皆が集まり、楽しんでいる姿は童心に帰り、年齢をも忘れはしゃいでいるようでした。
 園内をひと回りして食べ歩き、満足をした頃には巨峰のぶどう棚の下に用意された昼食会場に徐々に移動し始め、全員が揃った所で、加藤レク会長の挨拶そして的場会長の挨拶・乾杯の音頭で宴会をスタート、「先に食べたぶどうとは別腹」と言わんばかりの勢いで箸を運んでおりました。
成吉思汗もビールも進み、久しぶりに会う旧友との話にも花が咲いて、雰囲気も盛り上がったところで、恒例のカラオケが始まり、気持ち良さそうに歌う人、それに合わせて踊る人、最後には盆踊りも始まり、盛況のうちに宴会にも幕を閉じました。
 その後、退職者の会が用意したお土産を手にバスに乗り込み、帰路に着きました。
 

たわわに実る

上を見る、口に運ぶ

次はビールとジンギスカン

飲んで、食べて

カラオケで楽しむ

歌有れば、踊り有り

今回の福祉バス

コンサドーレ(4号車)とファイターズ(5号車)
にペインティングされた車両
札樽道金山パーキングエリア
NTT労組 札幌退職者の会のトップページに戻る