トップ > 会員の趣味・特技の一覧 > 会員の趣味・特技の内容

会員の趣味・特技

update:2015-11-08 09:05

小笠原 克幸(豊平区)

          土の笛(オカリナ)で第二の人生

 オカリナのきっかけは腰痛で動けなくなり、余りにも暇をもて余していた時に、新聞のオカリナの通信教育が目にとまり、直ちに申し込みました、1週間程でオカリナ1個(2F管)と教材(楽譜)4冊が来ました。 オカリナを吹いてみると、なんと音が出ました。教材をみると、音符にカナがふってあるし、運指まで付いています。楽譜が読めない私でも、オカリナが吹けるのです。1冊目の教材を最後まで見てみると、2〜3曲吹けそうな曲がありました。シャープ(#)やフラット(♭)の付かなくて知ってる曲です。そして、それは吹けました。もう、嬉しくて、はまってしまいました。
 オカリナを始めて、20年目、私のグループは「オカリナ1.4ファミリー」で13名の仲間です。毎週日曜日、9時〜13時まで、練習しています。会費は1か月1人1,000円(会場費)、先生はいません。リーダーの私が練習する曲を決めて楽しんでいます。そして、札幌が7グループ、江別、苫小牧、滝川、岩見沢、名寄、旭川、帯広が各1グループの計14グループで「北のオカリナ同好会」を結成して、私が代表を務めています。そして毎年1回9月に新札幌の「サンピアザ劇場」で演奏会を行っています。入場無料ですから皆さんもおいで下さい。私個人的には年間20〜30ステージ位です。
 多くは地域介護予防センターからの依頼で平岸・中の島の各会館でオカリナに合わせて歌を歌ってもらっています。あとは各地のお祭りです。すべて、ボランティアです。
 全国的には、すごい数で普及していて、ビックイベントが「ジャパン・オカリナ・フェスティバル」で埼玉の芸術劇場で開催され、今年で13回目です。全国からアマ・プロ問わず約50サークルが参加します。参加者の選抜は事務局が選択します。私は第2回・第4回・第7回と出場しました。技術的には全国の50に入るレベルにないのに、北海道からの参加なので大目に見てくれたのだと思います。
 オカリナは吹けば音が出ます。(良い音になるには時間がかかるけど?)指の運動、呼吸、そして、ボケ防止、良いことだらけです。オカリナは1個、8,000円位の陶器です。皆さんも始めませんか!

北のオカリナ同好会】というホ−ムページを運営しています。是非、ご覧下さい。

 
NTT労組 札幌退職者の会のトップページに戻る